【公式】神戸市灘区・東灘区・中央区の不動産売却・購入はイーアールホームズへ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はイーアールホームズ > センチュリー21 イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に用意する物件資料にはどんなものがある?必要な理由も解説

不動産売却時に用意する物件資料にはどんなものがある?必要な理由も解説

≪ 前へ|一戸建てのサイディングのリフォームとは?時期や理由についてご紹介!   記事一覧   不動産売却の広告にはどんな種類があるのか?費用負担についても解説!|次へ ≫

不動産売却時に用意する物件資料にはどんなものがある?必要な理由も解説

カテゴリ:不動産の売却について

不動産売却時に用意する物件資料にはどんなものがある?必要な理由も解説

不動産売却時にそろえなければならない書類の1つとして、物件資料があります。
しかし物件資料には具体的にどのようなものがあり、何のために必要なのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
今回は不動産売却でそろえる物件資料とはどのような書類なのか、必要な理由も含めてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時にそろえる物件資料とは? 

不動産売却を進めていくとき、段階ごとにさまざまな書類を用意する必要があります。
そのなかでも売却する前にそろえなければならないのが、物件資料です。
たとえば物件を購入したときに受け取ったパンフレットには、詳しい物件の情報が記載されているため、査定の際に役立ちます。
マンションの場合は管理規約や使用細則・理事会の会計報告書なども用意しておきましょう。
パンフレットなどは売主が保有しているはずのため、確認しておくことをおすすめします。
またインスペクションの結果報告書や地盤調査報告書、新耐震基準の適合証明書などを提出すると良いでしょう。
こうした書類を提出することで物件の価値が上がる可能性があります。

不動産売却時に物件資料は必要か? 

不動産売却時に物件資料をそろえたほうが良い理由を考えてみましょう。
不動産は大きな買い物であるため、購入希望者は慎重に物件選びをします。
安心して購入できる物件かどうかを見極めるために、物件情報をしっかりチェックするはずです。
物件情報が整っていると中古物件でも安心感があり、売りやすいというメリットがあります。
とくにインスペクションの結果報告書があると不動産が希望価格で売れる可能性が高く、買い手も早く見つかりやすいでしょう。
インスペクションに合格することは、その建物が一定の品質を保証されていることでもあります。
売却しやすくするためにも実施しておくと良いでしょう。
5万円前後の費用はかかりますが、インスペクターは不動産会社に紹介してもらえるため、探す手間がかかる心配もありません。
新耐震基準の適合証明書もそうですが、とくに物件の安全性を証明する資料は可能な限りそろえてから査定してもらいましょう。
またマンションの管理規約や使用細則は購入後どのような暮らしができるのか、月々にどのくらいのお金がかかるのかを確認するうえで重要な資料です。
紛失してしまっている場合は管理会社に依頼して入手しておくことをおすすめします。

不動産売却時に物件資料は必要か? 

まとめ

物件資料とは、物件のさまざまな情報や安全性を確認するために重要なものです。
必ずしも提出が必要でない資料もありますが、できる限り多くの資料があったほうが売却に有利になるため、そろえておくと良いでしょう。
私たち株式会社イーアールホームズでは、神戸市内の土地・一戸建て物件を豊富に取り扱っております。
二世帯住宅をご検討中でしたら、まずは弊社にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|一戸建てのサイディングのリフォームとは?時期や理由についてご紹介!   記事一覧   不動産売却の広告にはどんな種類があるのか?費用負担についても解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る