【公式】神戸市灘区・東灘区・中央区の不動産売却・購入はイーアールホームズへ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はイーアールホームズ > センチュリー21 イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における必要書類を早めに用意しておいてスムーズな売却を

不動産売却における必要書類を早めに用意しておいてスムーズな売却を

≪ 前へ|売りたい空き家はそのまま手放す?更地にするメリットや費用についても解説   記事一覧   「土地の評価額」とは?5種類の評価額の特徴や調べ方について解説|次へ ≫

不動産売却における必要書類を早めに用意しておいてスムーズな売却を

カテゴリ:不動産の売却について

不動産売却における必要書類を早めに用意しておいてスムーズな売却を

不動産売却は、それほど何回もすることではないため、分からないことも少なくありません。
とくに不動産売却時にはさまざまな書類が必要になり、書類によっては取得するのに時間がかかるものもあります。
今回の記事では、不動産売却時に必要な書類について詳しくご紹介していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却をする前に必要な書類と取得するための方法について

不動産を売却する場合、事前に必要な次のような書類があります。

家を購入したときのパンフレット類
売却する予定の家を購入したときの募集広告やパンフレットには、築年数や物件構造、間取りや設備が記載されています。
紛失してしまった場合、管理会社や施工会社に問い合わせてみましょう。

住宅ローンの償還表
住宅ローンの残債がある場合、その金額を把握して売却価格を決める必要があります。
住宅ローンの償還表は不動産会社に提示する場合もあるので、手元にない場合は金融機関に問い合わせます。

不動産売却における契約締結時に必要な書類と取得するための方法

不動産の買手が決まり売買契約を結ぶときには、次の書類が必要です。

権利書
不動産の権利書は、契約時には見せるだけとなり、決済するときに買主に渡すことになります。
紛失してしまった場合、司法書士などに依頼して「本人確認情報」を作成するか、「事前通知」をおこなうことで売却が可能です。

固定資産税納税通知書
売却時に固定資産税の精算をするために必要になります。

建築確認済証
売却する建物が建築確認を受けていることを証明するものです。
物件を購入したときに売主より交付されていますが、紛失した場合は管轄地域の役所で代わりの書類を発行してもらえます。

不動産売却における決済時に必要な書類と取得するための方法

不動産の売買契約締結も済み、決済をするときには以下の書類が必要です。

固定資産評価証明書
所有権の移転登記時に必要となり、土地と建物がある場合は別々に取得するようにします。
都税事務所、県税事務所で取得可能です。

登記に関連する書類
決済をする当日は登記を司法書士に委任することになり、次の書類が必要です。

●司法書士への委任状
●登記原因証明情報
●決算する日に立ち会わない場合 代理権授与証明書


これら3点の書類は、司法書士が作成します。

不動産売却における決済時に必要な書類と取得するための方法

まとめ

不動産を売却する場合、売却前と契約締結時、不動産決済時のそれぞれのタイミングで書類が必要になります。
書類によっては用意するまでに時間がかかるものもあるので注意しましょう。
できるだけスムーズに不動産売却を進めることができるよう、前もって必要書類を把握しておくことが大切です。
株式会社イーアールホームズでは、神戸市灘区の一戸建て・マンション・土地を取り扱っております。
マイホーム探しの際は、ぜひ当社のお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|売りたい空き家はそのまま手放す?更地にするメリットや費用についても解説   記事一覧   「土地の評価額」とは?5種類の評価額の特徴や調べ方について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る