【公式】神戸市灘区・東灘区・中央区の不動産売却・購入はイーアールホームズへ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はイーアールホームズ > センチュリー21 イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に検討したいインスペクションとは?メリットや費用を解説

不動産売却時に検討したいインスペクションとは?メリットや費用を解説

≪ 前へ|不動産売却の注意点とは?買取との違いや離婚・相続時の売却での注意点を解説   記事一覧   売りたい空き家はそのまま手放す?更地にするメリットや費用についても解説|次へ ≫

不動産売却時に検討したいインスペクションとは?メリットや費用を解説

カテゴリ:不動産の売却について

不動産売却時に検討したいインスペクションとは?メリットや費用を解説

長く住んだマイホームを売却する場合、家の古さが原因で起こり得るトラブルについて、不安を覚える方は多いのではないでしょうか。
そのような場合に心強い味方となるのが、インスペクションです。
そこで今回は、不動産売却時におこなうインスペクションについて、メリットや費用も含めて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時におこなうインスペクションとは

インスペクションとは、検査・点検・監視という意味ですが、不動産におけるインスペクションはホームインスペクションとも呼ばれ、住宅診断の意味があります。
2018年の法改正では、より良い中古住宅の流通を目的として、インスペクションに関する説明が義務化されました。
インスペクションの実施自体は義務化されていませんが、売買の際のトラブルを減らす手段として、売却前にインスペクションを実施するケースは増えていると言えるでしょう。
診断結果は売却価格にも反映されるため、実施のタイミングとしては査定前におこなうのが一般的です。
住宅専門の保険会社では、インスペクションと万が一の補修費用などの補償をセットにした、既存住宅売買瑕疵保険も扱われています。

不動産売却時にインスペクションをおこなうメリットとは

インスペクションをおこなうと、売主と買主がお互いに納得したうえで、安心して契約を進められるのがメリットです。
中古住宅の売却時には、後からわかる不具合が原因で、買主との間でトラブルが発生することも珍しくありません。
しかし、インスペクションをおこなっておけば、あらかじめ補修が必要な部分がわかるため、修繕や値引きといった対応がとれます。
また、インスペクションで見つかった不具合を直してから売りに出せば、高値で取引に応じてくれる買主が見つかるかもしれません。
さらに「インスペクション実施済み」として広告を出せば、優良な住宅を探している買主からすぐに声がかかる可能性がある点も、大きなメリットです。

不動産売却時にインスペクションをおこなう際の費用とは

インスペクションの実施にかかる費用は、売主側の負担です。
一般的なインスペクションだと、5万円~7万円程度が費用の相場となります。
マンションの場合は、面積の広さにかかわらず4万円~6万円程度かかることが多いでしょう。
一戸建て住宅の場合だと、床面積の広さによって価格が変わります。
標準的な広さの一戸建て住宅ならば、5万円~7万円程度と考えておきましょう。
ただし、こうしたインスペクションは、2時間程度の目視診断のみとなることがほとんどです。
床下・屋根裏・建物の傾きを詳細に診断する場合は、10万円以上が必要となるため、必要性については検討してみてください。

不動産売却時にインスペクションをおこなう際の費用とは

まとめ

不動産売却を検討しているなら、売主と買主双方の安心材料となるインスペクションの実施がおすすめです。
インスペクションとは住宅診断のことで、中古住宅の売却を有利に進めるポイントになります。
メリットや費用をチェックしたうえで、インスペクションの実施について検討してみてください。
私たち株式会社イーアールホームズでは、神戸市内の土地・一戸建て物件を豊富に取り扱っております。
二世帯住宅をご検討中でしたら、まずは弊社にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却の注意点とは?買取との違いや離婚・相続時の売却での注意点を解説   記事一覧   売りたい空き家はそのまま手放す?更地にするメリットや費用についても解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る