【公式】神戸市灘区・東灘区・中央区の不動産売却・購入はイーアールホームズへ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はイーアールホームズ > センチュリー21 イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却が長引く理由は?その原因と対処法を知ろう

不動産売却が長引く理由は?その原因と対処法を知ろう

≪ 前へ|擁壁のある不動産を売却したい!影響はある?うまく売るコツは?   記事一覧   相続とは違う生前贈与とは?遺産に不動産が入っている場合の対処!|次へ ≫

不動産売却が長引く理由は?その原因と対処法を知ろう

カテゴリ:不動産の売却について

不動産売却が長引く理由は?その原因と対処法を知ろう

不動産の売却を検討している方であれば、なるべく早く売却してしまいたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし、売却条件などによっては、通常より売却期間が長引くこともあります。
そこで今回は、不動産の売却にかかる平均期間や、長引く理由、そして長引く際の対処法についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

平均は3か月から半年!不動産売却が長引く理由とは

不動産の売却へと動き出してから引渡しが完了するまでの期間は、平均して3か月から長くて6か月程度だと言われています。
では、売却がそれ以上長引く不動産には、どんな理由があるのでしょうか。
まず考えてほしいのが、「販売価格は適正か」ということ。
不動産があるエリアや物件の面積といった条件を基準に、同じような不動産の相場をしっかりと把握しましょう。
相場より価格設定が高くなると買い手が見つかりにくくなるのは当然ですが、逆に安くしすぎても警戒される可能性があります。
また、売却前にリフォームをして価格が上がってしまうケースもありますが、「購入してから自由にリフォームしたい」という需要が高い中古物件の場合は不利に働いてしまうこともあるので注意してください。
さらに、売却時期もスムーズな売却のためには大切な要素のひとつです。
不動産業界は引越しが多くなる春と秋に活発になるので、その季節に合わせて売却計画をたてることをおすすめします。

あらゆる見直しが大切!不動産売却が長引く際の対処法

では、売却が長引いてしまった場合、どのような対処法があるのでしょうか。
一番わかりやすい対処法でいえば、「価格を下げる」ということになります。
とはいえ小まめに少しずつ値段を下げると、買い手側も「もう少し下がるのでは」と期待して待ってしまうケースもあるので、どうせならば可能な範囲で思い切って下げてみるのもひとつの方法ですね。
もし「内覧は何度も受け付けているのに契約にいたらない」という場合は、物件の中の状態を見直す必要があります。
内覧は買い手が購入を決断するうえで大切な判断要素となるので、きれいに清掃するのはもちろん、不要な家具を捨ててすっきりさせたり、照明や室内の臭いにも気を配りましょう。
また、すぐに売却を決めたい方や、住み替えなどで期限がある方は、不動産会社への「買取」という方法もあります。
価格は相場の7から8割程度になってしまいますが、仲介手数料はかかりません。
買い手を探す必要がないので、条件のすり合わせだけですぐに売却が決まりますよ。

あらゆる見直しが大切!不動産売却が長引く際の対処法

まとめ

スムーズな売却に大切なのは、適切な「価格」と「タイミング」を掴めているかどうかです。
また、効果的な宣伝活動をおこなう適切な「不動産会社」を選ぶことも必要になってきます。
売却が長引いて焦らないためにも、しっかりとした知識と準備で臨んでくださいね。
株式会社イーアールホームズでは、神戸市灘区の一戸建て・マンション・土地を取り扱っております。
マイホーム探しの際は、ぜひ当社のお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|擁壁のある不動産を売却したい!影響はある?うまく売るコツは?   記事一覧   相続とは違う生前贈与とは?遺産に不動産が入っている場合の対処!|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る