【公式】神戸不動産売買・賃貸 century21株式会社イーアールホームズ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はcentury21株式会社イーアールホームズ > century21株式会社イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 「課税取引」と「非課税取引」とは?不動産取引の消費税を知ろう

「課税取引」と「非課税取引」とは?不動産取引の消費税を知ろう

≪ 前へ|共有名義となっている不動産を売却する方法や売却時に必要なものは?   記事一覧   新築住宅で和室をつくった時のメリットとは?活用方法もご紹介!|次へ ≫

「課税取引」と「非課税取引」とは?不動産取引の消費税を知ろう

カテゴリ:不動産の税金について

不動産の取引を行う際には、様々な税金が関わってきます。

 

その中の一つに消費税がありますが、この消費税が「課税対象となる」ものと「非課税対象になる」ものがあるのをご存じでしょうか?

 

今回は不動産取引における、「課税取引」と「非課税取引」について、何に消費税がかかるのかについてご紹介します。

 

不動産取引に消費税はかかる?「課税取引」と「非課税取引」とは

 

「課税取引」と「非課税取引」とは?不動産取引の消費税を知ろう

 

消費税は不動産に関わらず、基本的にはすべての物品の販売やサービスの提供などの取引に対して課税されるものです。

 

ですので、原則的にすべての取引が「課税取引」とされています。

 

その一方で、税の性格や社会政策的配慮により消費税を課税しない取引があり、それを「非課税取引」と言います。

 

不動産取引に課せられた消費税にも、「課税取引」と「非課税取引」に該当するものがあります。

 

何に消費税がかかるのか?非課税範囲と課税対象を把握しよう

 

不動産取引において「土地」は消費税がかからない、非課税対象となります。

 

土地以外にも、借地権の譲渡の対価、火災保険料や地震保険料、団体信用生命保険料、住宅ローンの金利、銀行保証料、住宅の賃貸借における家賃・共益費・礼金・更新料等は非課税対象となります。

 

それ以外の不動産取引は、課税対象となり消費税が課せられています。

 

具体例を挙げると、建物の建築・購入、不動産仲介手数料、住宅ローン手数料、司法書士や土地家屋調査士の報酬、リフォーム費用、解体費用などが課税対象となります。

 

例えば建売住宅を購入する場合、建物には消費税が課税されますが、土地には消費税が課税されないという事になります。

 

また、売主が宅建業者や法人で「課税事業者」の場合は消費税が課税されますが、売主が個人の場合であれば、消費税は非課税になります。

 

例えば新築戸建・新築マンション・リノベーション済みの一戸建てやマンションであれば、売主は宅建業者、いわゆる不動産会社である場合がほとんどですから、ほぼ消費税が課税されます。

 

一方、居住中の中古マンションや一戸建てであれば、個人が売主になる場合が多く、消費税は非課税となる可能性が高くなります。

 

【何に消費税がかかるのか?非課税範囲と課税対象を把握しよう】

 

まとめ

 

不動産の取引における消費税について、課税取引と非課税取引についてご紹介しました。

 

不動産の取引は金額が大きくなりやすいので、消費税だけでも高額となる場合が多いです。

 

何が課税対象か非課税対象かを良く整理しておくと安心ですね。

 

株式会社イーアールホームズでは、新築一戸建て情報を取り扱っております。

 

マイホーム購入をご検討でしたら、まずは弊社にお問い合わせください。
≪ 前へ|共有名義となっている不動産を売却する方法や売却時に必要なものは?   記事一覧   新築住宅で和室をつくった時のメリットとは?活用方法もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


高羽町3丁目売土地

高羽町3丁目売土地の画像

価格
1億2,500万円
種別
売地
住所
兵庫県神戸市灘区高羽町3丁目
交通
六甲駅
徒歩9分

クレアガーデン甲南山手

クレアガーデン甲南山手の画像

価格
4,380万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県神戸市東灘区本庄町2丁目
交通
甲南山手駅
徒歩6分

カサベラ新在家ツインズ1号館

カサベラ新在家ツインズ1号館の画像

価格
2,598万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県神戸市灘区新在家南町3丁目
交通
新在家駅
徒歩8分

上野通3丁目 新築戸建 2棟

上野通3丁目 新築戸建 2棟の画像

価格
5,980万円
種別
新築一戸建
住所
兵庫県神戸市灘区上野通3丁目
交通
王子公園駅
徒歩13分

トップへ戻る