【公式】神戸不動産売買・賃貸 century21株式会社イーアールホームズ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はcentury21株式会社イーアールホームズ > century21株式会社イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 灘区の中古戸建てはお買い得??

灘区の中古戸建てはお買い得??

≪ 前へ|【中古マンション】火災保険への加入・解約のタイミングはいつ?   記事一覧   初めての不動産売却!流れを確認しておきましょう|次へ ≫

灘区の中古戸建てはお買い得??

カテゴリ:地域の情報について

灘区の中古戸建てはお買い得??






                   阪神間は、新築住宅の相場が大阪・神戸を中心に上がっているため中古物件の購入を考える人も多いだろう。特にセンチュリー21 イーアールホームズが主に取り扱いを行う、灘区・東灘区は阪神間屈指の住宅街のため、新築価格は高止まりしているイメージが強い。

(それでも堅調に成約している)


しかし新築と中古では税制や欠陥保証などの制度が異なるので、その違いの

ところをお話しておきたい。買った後で知らなかったでは、ダメですので

簡単にご説明をさせていただきますね~

中古住宅の購入を考える際には価格だけでなく様々な制度の違いを考慮する必要があります。まず税制についてです。

新築物件の場合、家屋に対する固定資産税が3~5年、半分に軽減される優遇制度がありますが、中古物件にこの優遇は原則ありません。ただ税負担が単純に新築の倍と考えるのは誤りです。固定資産税は通常、築年数が古くなると減額されます。当然、建物が古くなれば建物の価値は下がりますからね。


消費税については新築、中古によらず土地部分は非課税です。

家屋部分は要注意です。新築は10%課税されるのに対して中古は、売り主が不動産会社か個人かによって扱いが異なるからです。不動産会社から買うと消費税がかかりますが、売り主が個人ならかからないので、消費税に限ってみれば中古を個人から買うのが比較的有利です。


しかし、住宅ローン減税まで考慮すると必ずしもそうとはいえません。住宅ローン減税は昨年10月の消費増税対策として拡充され、残高の1%などを税額控除できる期間が本来の10年間から13年間に延びました。この拡充策は新築や、不動産会社を売り主とする中古には適用されますが、中古を個人から買った場合は対象外です。市川さんは「消費税とローン減税は表裏一体の関係。新築か中古かだけでなく、売り主により違いがあるので事前によく確認したい」といいます。


もう一つ注意したいのが購入後に欠陥が見つかったときの保証制度です。新築の場合、「構造上主要な部分」や「雨漏りを防ぐ部分」に重大な欠陥があると法律上、10年は売り主が修理する責任を負います。不動産会社から買った中古の場合も最低2年は売り主の責任を追及できます。期間は短めですが、対象部分に細かい制約はありません。

個人から買うと事情が変わります。センチュリー21の契約でも「雨漏りなどに限って約3カ月の保証をつける例は多いが、売り主が全く責任を負わない方式もある」もあります。ただし、イーアールホームズでご契約いただきますと

売主様に対して瑕疵保証せ(条件有り)がつきますので、中古の物件を売った後で、欠陥が見つかっても保証を受けれますので安心ですね。

最近では、売主様に戸建て住宅はできれば購入前にインスペクション(建物状況調査)をしておきたい」と助言しています。売手・買手のリスクを極力

減らすのも仲介会社としての大事な責務でもあります。

神戸市灘区・東灘区の不動産、お買い得な中古物件も多数ありますので、その魅力・税制、そしてリスクコントロール、イーアールホームズのスタッフが

全てご説明させていただきますので安心してご相談ください。

灘区唯一のセンチュリー21 よろしくお願い致します。









































中古住宅の購入を考える際には価格だけでなく様々な制度の違いを考慮する必要があります。まず税制についてです。新築物件の場合、家屋に対する固定資産税が3~5年、半分に軽減される優遇制度がありますが、中古物件にこの優遇は原則ありません。ただ税負担が単純に新築の倍と考えるのは誤りです。固定資産税は通常「築年数が古くなると減額される」と税理士の市川恭子さんは話します。
































































































































新築住宅の相場が都心部を中心に上がっているため中古物件の購入     を考える人も多いだろう。しかし新築と中古では税制や欠陥保証などの制度が異なる。事前に知っておくべきポイントをまとめた。中古住宅の購入を考える際には価格だけでなく様々な制度の違いを考慮する必要があります。まず税制についてです。新築物件の場合、家屋に対する固定資産税が3~5年、半分に軽減される優遇制度がありますが、中古物件にこの優遇は原則ありません。ただ税負担が単純に新築の倍と考えるのは誤りです。固定資産税は通常「築年数が古くなると減額される」と税理士の市川恭子さんは話します。

≪ 前へ|【中古マンション】火災保険への加入・解約のタイミングはいつ?   記事一覧   初めての不動産売却!流れを確認しておきましょう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


森北町4丁目戸建

森北町4丁目戸建の画像

価格
2,480万円
種別
中古一戸建
住所
兵庫県神戸市東灘区森北町4丁目
交通
甲南山手駅
徒歩4分

六甲グランドヒルズ1号館

六甲グランドヒルズ1号館の画像

価格
2,650万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県神戸市灘区篠原伯母野山町1丁目
交通
六甲駅
徒歩12分

本山コープ

本山コープの画像

価格
2,030万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県神戸市東灘区本山北町6丁目
交通
岡本駅
徒歩5分

ライオンズマンション住吉南町

ライオンズマンション住吉南町の画像

価格
1,880万円
種別
中古マンション
住所
兵庫県神戸市東灘区住吉南町2丁目
交通
魚崎駅
徒歩6分

トップへ戻る