【公式】神戸市灘区・東灘区・中央区の不動産売却・購入はイーアールホームズへ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はイーアールホームズ > センチュリー21 イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却を検討している方必見!知っておきたい仲介手数料のあれこれ

不動産の売却を検討している方必見!知っておきたい仲介手数料のあれこれ

≪ 前へ|不動産売却におすすめのホームステージング!競合より魅力的な物件に   記事一覧   伊丹市の住みやすさについて分かる!治安や子育てなど評判を紹介|次へ ≫

不動産の売却を検討している方必見!知っておきたい仲介手数料のあれこれ

カテゴリ:不動産の売却について

マンションや一戸建てなど不動産の売却を考える時にポイントとなるのは、以外とかさんでしまう仲介手数料や登記費用などの手数料ですよね。

 

今回は、あとで知って驚くことのないように、仲介手数料とはどのような費用なのか、また、仲介手数料を支払うタイミングや計算方法などについてご紹介していきます。


不動産の売却を検討している方必見!知っておきたい仲介手数料のあれこれ


 

不動産売却の仲介手数料ってどんな費用?仲介手数料はいつ払う費用なの?


 

不動産売却にかかる費用には、仲介手数料、登記費用、印紙税などの発生がつきもの。

 

売却する不動産によっては、さらに、測量費、解体費、引っ越し費用などがかかることもあります。

 

中でも、不動産売却において一番メジャーな費用とも言えるのが、「仲介手数料」。

 

この仲介手数料は、不動産の売買の際だけではなく、賃貸物件を借りる際にも発生する費用でもありますので、その名前からなんとなく意味を理解している方も多いのではないでしょうか?

 

不動産の売却における仲介手数料は、いわば、不動産の売却の手伝いを依頼する不動産会社への「成功報酬」とも言えるもの。

 

売却したい不動産物件を知ってもらうためにつくる情報公開のための費用や、購入希望者に実際に物件を見てもらう見学会などに代表される「売却活動に関わる費用などが、仲介手数料にあたるものとなります。

 

成功報酬である仲介手数料は、不動産の売買が正式に契約締結された際に支払うものということを知っておくと安心です。

 

仲介手数料はなんとなく高いイメージ?知っておくと安心な仲介手数料の計算方法


 

仲介手数料は不動産会社によって変わるものとか、大手の不動産会社では高くつくものというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?不動産の売却を検討している方にとって大きなテーマのひとつとなる仲介手数料の問題。

 

実は、仲介手数料は、「宅地建物取引業法」という名前の法律で、しっかりと上限が決められている手数料なのです。

 

不動産の売買価格が200万円以下の部分にかかる仲介手数料は、取引額の5パーセント。

 

また、200万円をこえて400万円以下の部分には、取引額の4パーセントに2万円をプラスしたもの。

 

そして、売買価格が400万円を超える部分については、取引額の3パーセントに6万円とプラスしたものと決められているのです。

 

例えば、売却したい不動産の売買価格が、2,000万円の場合は、「2,000万円×3%6万円」という計算方法になります。

 

仲介手数料は、66万円プラス消費税となります。

 

仲介手数料の計算方法はとてもシンプルなので、売買価格がわかれば、仲介手数料も自然と計算が可能になります。

 

不動産の売却がはじめてで不安という方も安心できるのではないでしょうか?

 

不動産の売却を検討している方必見!知っておきたい仲介手数料のあれこれ



まとめ


 

親から譲り受けた持ち家やマンションなど、不動産を売却する背景にもいろいろなものがあるかと思います。

 

どうしても大きな金額の売買になってしまう不動産売却では、仲介手数料にかかる費用をしっかりと見据えておくことが大切になります。

 

今回ご紹介した仲介手数料の計算方法をつかって、ぜひ実際にかかるであろう仲介手数料を計算してみていただければと思います。

 

株式会社イーアールホームズでは、新築一戸建て情報を取り扱っております。

 

売却のご相談も受け付けておりますので、まずは弊社にお問い合わせください
≪ 前へ|不動産売却におすすめのホームステージング!競合より魅力的な物件に   記事一覧   伊丹市の住みやすさについて分かる!治安や子育てなど評判を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る