【公式】神戸市灘区・東灘区・中央区の不動産売却・購入はイーアールホームズへ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はイーアールホームズ > センチュリー21 イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > 任意売却の前に知っておきたい「アンダーローン」とは?

任意売却の前に知っておきたい「アンダーローン」とは?

≪ 前へ|マンション売却時に管理組合への連絡は必要?タイミングと注意点を解説   記事一覧

任意売却の前に知っておきたい「アンダーローン」とは?

任意売却の前に知っておきたい「アンダーローン」とは?

自宅を任意売却する場合は、売却後にローンの残債がどうなるかを十分に考えなければなりません。
住宅ローンの支払いが厳しくなっても、簡単にマイホームが手放せるわけではないのです。
今回は、任意売却を検討する前に知っておきたいローンの残債について、「アンダーローン」を中心にご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却するなら知っておきたい「アンダーローン」の意味とは?

住宅ローンの返済が困難になったときの対処法としては、自己破産・競売・任意売却が挙げられます。
自己破産は不動産以外の財産も差し押さえられ、競売は相場よりも安い価格で不動産が売却されます。
競売も任意売却もローンが残った状態で売りに出されるのは同じですが、任意売却は競売より高値で家を売却できるのが特長です。
「アンダーローン」とは売却価格がローンの残額を上回るという意味で、その反対が「オーバーローン」です。
オーバーローンの場合、債権者の承諾が得られなければ売却ができず、売却額を全額支払っても残債の支払い義務はなくなりません。
競売ではアンダーローンになることは稀で、任意売却のほうがローンを完済しても売却益が残る可能性があります。

アンダーローンで任意売却する方法とは?金融機関への相談事項と注意点

残債額を確認する

住宅ローンが残っている状態で家を売るなら、残債額がどれだけあるかをきちんと確認するところから始める必要があります。
金融機関に残債額を確認したあとは、任意売却の相談よりも先に、ローンの組み直しについて相談すると良いかもしれません。
とくに不動産を購入したばかりであれば、残債額も大きいので売却してもアンダーローンになることは難しいです。

相談して返済額の負担を軽くする方法を検討

ローンの返済額の負担を軽くする方法を検討するほうが賢明と言えるでしょう。
相談のタイミングとしては、支払いが滞ってからではなく支払いが遅れる前にすることです。
減給や失業など、収入が減る可能性がわかった段階で相談するようにしましょう。
夫婦の共同名義にしている場合、どちらか一方の収入が減るのなら名義変更も考える必要があります。
ある程度ローンの返済が進んでいる場合は、アンダーローンになるかどうか、物件の相場をもとに確認すると良いでしょう。
いずれの場合も、ローンの返済が滞れば滞るほど選択の余地がなくなる点には注意が必要です。

アンダーローンで任意売却する方法とは?金融機関への相談事項と注意点

まとめ

今回は任意売却における「アンダーローンとは何か」について、ことばの意味や具体的な対処法をご紹介しました。
住宅ローンの返済が厳しくなったときの対処法は、いくつかあります。
売却よりも前にできることはあるので、収入に変化があれば早い段階で返済の見直しや相談をおこなうようにしましょう。
私たち株式会社イーアールホームズでは、神戸市内の土地・一戸建て物件を豊富に取り扱っております。
二世帯住宅をご検討中でしたら、まずは弊社にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンション売却時に管理組合への連絡は必要?タイミングと注意点を解説   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る