【公式】神戸市灘区・東灘区・中央区の不動産売却・購入はイーアールホームズへ

  • 閲覧履歴
  • 検討リスト

この条件で探す

六甲道の不動産はイーアールホームズ > センチュリー21 イーアールホームズのスタッフブログ記事一覧 > マンション売却時に管理組合への連絡は必要?タイミングと注意点を解説

マンション売却時に管理組合への連絡は必要?タイミングと注意点を解説

≪ 前へ|不動産売却をおこなう際の荷物の扱いについて解説   記事一覧   任意売却の前に知っておきたい「アンダーローン」とは?|次へ ≫

マンション売却時に管理組合への連絡は必要?タイミングと注意点を解説

カテゴリ:不動産の売却について

マンション売却時に管理組合への連絡は必要?タイミングと注意点を解説

マンションの住み替えを考えている方のなかには、管理組合との関わり方が気になる方もいるのではないでしょうか。
売却を考えたらいつごろに伝えるべきか、連絡しなければどうなると疑問を持つかもしれません。
今回は、マンション売却時の管理組合への連絡について見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションを売却するときに管理組合への連絡は必要?

マンションの居住者は管理組合に加入することが義務づけられており、共用部分の管理や将来的なリフォームのために管理費や修繕積立金を毎月納めています。
マンションを売却し退去するときは、組合員から抜ける旨を管理組合に連絡する必要があるので覚えておいてください。
具体的には書面で届け出る必要があり、「組合員資格喪失届」を提出すれば管理組合から脱退したことになります。
この連絡を忘れてしまうと毎月の支払いが継続される可能性があるので注意しましょう。
マンションを売却しても届け出を提出しなければ組合員のままの状態なので、誤解のないようにしてください。

マンションの売却時の管理組合への連絡はいつが良い?

管理組合宛ての「組合員資格喪失届」は書面で提出するのが一般的です。
マンションを売りに出す時か売れたときに連絡し、提出書類について入手方法や流れを確認しておくと良いでしょう。
早めに連絡しておけば管理組合から修繕履歴や耐震診断結果などの情報も入手でき、買い主へのアピールになります。
実際に書類を提出するのは売却の決算後すぐのタイミングが良いでしょう。
売買契約の決済日にマンションの所有権が売り主から買い主へと移るので、その時点で管理組合に届けを出してください。
マンションの買い主は新しい所有者となるので、追って管理組合に「所有者変更届」を提出することになります。
理事長に直接提出する場合もありますが管理会社に提出する場合も多いので、提出先はあらかじめ確認しておきましょう。

マンションの売却で管理組合に連絡するときの注意点は?

では管理組合への連絡で気になる注意点を見ていきましょう。

管理組合へ連絡しないとどうなるのか

届け出を出さなければ、売り主の口座から売却後も毎月の支払いが継続されます。
あとから手続きをして過剰分の金額を取り戻すことは可能ですが、その際は自分だけでなく他人にも余計な労力をかけてしまいます。

自分が管理組合の任期中に売却できるか

役員は組合員が当番制でおこなうことが多いため、売却したいときに任期中のケースもあるでしょう。
ほかの役員には気まずいかもしれませんが、役員だから売却できなかったり不利になったりはしないので安心してください。
売りに出すタイミング、もしくは売却が決まったタイミングで話を通せば、後任の役員決めがおこなわれるので問題なく売却できるでしょう。

マンションの売却で管理組合に連絡するときの注意点は?

まとめ

今回は、マンションの売却時にいつ管理組合に連絡すれば良いのか、注意点をご紹介しました。
連絡を忘れると退去後も毎月の引き落としが続いたり、組合役員の方に迷惑をかけたりするので気をつけましょう。
売りに出すタイミングで連絡をしておけば売却に有利な情報も得られるので、今回の記事を参考にしてください。
株式会社イーアールホームズでは、神戸市灘区の一戸建て・マンション・土地を取り扱っております。
マイホーム探しの際は、ぜひ当社のお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却をおこなう際の荷物の扱いについて解説   記事一覧   任意売却の前に知っておきたい「アンダーローン」とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る